いじめへの対処方法

白衣の天使などと称されることもある看護師ですが、その内情は表向きほど華やかでは無いことが多いです。
看護婦から看護師という名称へ変化したものの、いまだに男性看護師の数は少なく、90パーセント以上が女性で占められています。女性主体の職場は陰湿なイジメが多いと言われていますが、看護職の現場も例外ではありません。
周りからのイジメに対して心の闇を抱えてしまい、転職を余儀なくされる方も多いようです。特に、医師の下で女性主体の仲間グループとうまくやりつつ、患者の命を扱う看護師という職業はストレスが多くなりがちです。そんな中でもしいじめを受けた時は、どのような対策を打てば良いのでしょうか?

まずは、自身を省みることをしてみて下さい。職業意識が低かったり態度が悪かったり、人から嫌われるような行動をしていないかを考えてみましょう。相手は、あなたの未熟な面を指摘しているだけという場合もあり得るからです。そのため、その点を改善するだけでいじめが止む場合もあります。
もちろん、自分に非がないのにいじめられることもあります。そんな時は、誰かに話を聞いてもらうことが大切です。
ここで注意しなければならないのが、打ち明ける相手です。望ましいのは、全く別の職業に就いている友人でしょう。女性の噂伝達速度は男性とは比べものにならないほど速く、同僚に喋ったら次の日にはみんなに伝わってしまっていた、なんてケースもあるようです。
看護の現場は閉じられた空間になりがちですから、感覚が一般的な人と離れてしまっている可能性があります。そのため、他の職種に就いている人なら看護の常識ではなく、一般的な視点からアドバイスが受けられるので、悩みを打ち明ける相手としておすすめなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です